「今の税理士が、何のアドバイスもくれない…」「初めて税理士を探している」とお悩みの方へ。

決算書作成などは当たり前。
年商1億円を超えたいなら、税理士法人タカイ会計にお任せください。

「決算書作成などの手続き業務だけでなく、
 業績UPのアドバイスもほしい」
「年商1億円を突破したい」
「今の税理士は、何のアドバイスもしてくれない」
 その他、税理士のことでお悩みの方

まずはお気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に、分かりやすく対応いたします。

あなたは、こんなことでお悩みではありませんか?

もし、あなたが上記のようにお悩みなら、ご安心ください。

私たちにとって、決算書類や試算表の作成などの一般的な手続き業務を行うことは、当たり前です。

そこからさらに、「数字の根拠を元に、会社の業績アップをサポートする」ことこそ、私たちの真の仕事であると考えて
います。

会社の業績を上げていく上で、1つの壁となるのが、年商1億円です。

あなたも感じているかもしれませんが、実は、年商1億円を超えるには、今までと同じやり方ではダメなのです。

では、なぜ多くの会社が、年商1億を超えるタイミングで伸び悩んでしまうのか?と言いますと、次の理由があるのです。

中小企業が、年商1億円を突破できない理由

【社長が"正しいやり方"を知らず、
 プレイヤー兼監督になってしまっていること】

年商1億円を超えられない原因は、ここにあります。

多くの場合、会社の創業時期は、社長1人でスタートしています。
そして、社長の技術力や営業力で、会社のほとんどの売上が上がって
います。

社員やスタッフは、社長の補佐など、補助的な業務だけをしており、
売上に直結する部分は、社長1人にかかっている形です。

要するに、社長が「プレイヤー兼監督」となってしまっているのです。

当然、社長1人が対応できる業務量というのは限られていて、それを超えて働き続けることはできません。

1人で起業し、会社を軌道に乗せていくことができる社長というのは、基本的に能力が高く、普通に頑張るだけで売上を伸ばすことができます。

しかし、ある程度のレベルまで来ると、ただ頑張るだけではうまくいかず、業績の伸びが止まってしまうのです。

気合や頑張りだけでは、会社の業績は伸びないのです。

会社経営は、登山と同じです。

会社経営は、登山に例えると、分かりやすく理解できます。

例えば、山を登る時でも、標高の低い山でしたら、
特に準備や計画なども立てず、頑張るだけで登ることができます。

しかし、富士山に登ろうとすれば、それなりの準備や登山計画、練習が必要になります。

さらに、エベレストに登りたいなら、より綿密な準備を行い、万全の体制で臨まなければいけません。

会社経営も、これと同じなのです。
この後、詳しくお伝えしますが、売上を伸ばすためには、正しいやり方があるのです。

では、具体的にどうすればいいのか?
この部分を、二人三脚でサポートさせていただいているのが、私たち税理士法人タカイ会計なのです。

実績150社以上の、
税理士法人タカイ会計にお任せください。

はじめまして。
「税理士法人タカイ会計」代表の高井 興(たかい はじめ)と申します。

当事務所では、これまでに150社以上の法人をサポートしてきました。
法人設立当初から関わっている会社もあります。

なぜ当事務所が、年商1億円を超えたい会社へのサポートに力を入れているのか?と言うと…

【年商1億円が、会社の成長の分かれ目になるから】なのです。

これまでに多くの会社が、年商1億円前後で伸び悩んでいるのを見てきました。
年商1億円弱まで来たのに、そこからジリ貧になり、縮小してしまう会社も、多く見てきました。

実は、年商1億円を超えるには、それまでのやり方ではダメなのです。
当事務所は、これまでに150社以上の会社に関わってきた中で、年商1億円を超えるための"正しいやり方"を見つけ出しました。

詳細は後述しますが、この"正しいやり方"を提供することで、当社のお客様は、着実に業績アップを目指せているのです。

一般に「税理士の仕事」と言うと、
・決算書類の作成
・領収書の計算
・その他、必要書類の作成・手続き

などの手続き業務を思い浮かべるかもしれません。

しかし、私は、「税理士は、手続き業務だけやっていればいい」とは思っていません。

私たちは、会社の数字を一番良く理解しているからこそ、「数字の根拠を持って、会社の業績アップをサポートすること」が、税理士の真の仕事であると考えています。

当事務所のお客様は、業績アップを真剣に目指している、非常に意識の高い方々ばかりで、このサービスもご好評を頂いています。

実際、お客様の80%以上が、業績アップのために行動を起こし、会社を大きくしようと目指しています。

では、なぜ当事務所のお客様が、着実に業績アップを目指していけるのか?
年商1億円を超えるための、"正しいやり方"とは何なのか?

これについて、具体的に解説していきます。

PDCAはもう古い。
業績アップを実現する、タカイ式PBDCA理論 とは?

業務を進めていく上で、よく大事と言われているものに「PDCA」がありますね。

これは

の頭文字を取ったものです。

無計画に業務をこなすのではなく、ちゃんと計画を立て、実行し、その結果を評価・チェックし、その上で改善策を取るというものです。

とても、有名な理論なので、ご存じの方も多いと思います。

しかし、これはあくまで机の上の理論であって、現場で活用するとなると、うまくいかないのです。

実際、「PDCAを取り入れてみたけど、うまく働かなかった」という話は、よく聞きます。

これには原因があって、現場に落とし込んで活用するには、実は「PDCA」ではなく、「PBDCA」という理論を活用する必要があるのです。

この「PBDCA」理論は、当事務所がこれまでに150社以上をサポートしてきたからこそ、たどり着いた理論です。

PBDCA

それでは、具体的に説明します。

P(Plan):経営計画を立てる

はじめに、「経営計画」を立てていきます。

「経営計画」というと、大げさなものを想像される方もいますが、簡単に言えば「売上目標を決めること」です。

「年商○○○万円」など、売上目標の金額を決めていきます。
この時、重要なのは、ただ計画を立てるだけでは、不十分ということです。

大事なのは、「その計画が実現可能かどうか?」をしっかりチェックするということです。

例えば、

  • その売上目標を達成するには、どれくらいの利益率を確保しなければいけないのか?
  • 計画をもとに進めていくことで、ちゃんと利益は残るのか?
  • 設備投資のために借入が必要なら、どのタイミングで銀行融資を申し込むべきなのか?

など、すべて数字に落とし込んで、計画を立てる必要があるのです。

当事務所では、独自のシステムを用いて、売上目標はもちろん、人件費・経費など、すべて数字で計画に落とし込んでいます。

このように、数字に落とし込んで、実現可能であるか?を確かめることで、はじめて行動に移せるのです。

数字ですべてを決めていくからこそ、この次のステップ(B)で逆算して、「何を、どの順番でやればいいのか?」
が分かり、業績アップを目指せるのです。

「うちの会社は小さいから、経営計画なんて必要ないのでは…?」
は危険です

「うちの会社は小さいから、経営計画なんて大それたものは、必要ないのでは…?」
こう思っている方もいますが、それは大きな誤りです。

先ほどもお伝えしましたが、会社経営は、登山に例えると分かりやすく理解できます。

登山でも、登る山を決めることで、

  • どんな準備をすればいいか?
  • どんな練習が必要か?
  • 何合目まで、何時間で登ればいいのか?
  • どんなメンバーが必要か?

が決まります。

例えば、観光目的で登山を楽しみたいなら、特別な装備も練習も要らないでしょう。

しかし、富士山の頂上を目指そうとしたら、それなりの装備や登山計画・練習が必要になります。
さらに、エベレストに登ろうとするなら、高いスキルを持ったメンバーも必要でしょう。

計画が不十分だと、登頂できないだけでなく、最悪の場合、遭難してしまいます。

会社経営も、これと同じです。
計画があるからこそ、今すべきことが決まるのです。

B(Back Calculation):逆算

経営計画を立てたら、その計画から逆算して、行動に落とし込んでいきます。
つまり、「何を、いつ、どの順番でやればいいのか?」という、行動レベルまで逆算していく、ということです。

従来のPDCAとの、最大の違いがここになります。
従来のPDCAでは、プラン(計画)から実行までが、あまりにも簡素化されていたのです。

そのため、「計画は立てたけど、具体的に何をすればいいか?分からない」という問題点がありました。

これを解消するのが、この「B(Back calculation):逆算」のステップです。

具体的にお伝えするため、1つの例を挙げて解説してみます。
例えば、整体院や接骨院であれば、以下のように逆算していくイメージです。

  • 目標達成のためには、どのサービスを、単価いくらで、何人に売ればいいのか?
  • リピート率は、何%までアップできればいいのか?
  • その時に必要なベッド数は?
  • そのベッド数を置くための店舗面積は?
  • その時に必要なスタッフ数は?
  • そのスタッフを賄うための人件費は?
  • その人件費を賄うための利益率は?(単価が低すぎるなら、どうやったら上げられるのか?)
  • そのスタッフに必要なスキルは?
  • 最も効果的な集客方法は?

上記のように、徹底的に逆算し、行動レベルにまで落とし込んでいきます。
そして、優先順位をつけて、「あとは実行するだけ」という状態にまで掘り下げるのです。

だからこそ、次のDo(実行する)でも悩むことなく、業務を進めることができるわけです。

当事務所は、この逆算のステップも、二人三脚でサポートしています。

逆算にも、"正しいやり方"があります。

  • 営業効率を高めるための逆算
  • 採用のための逆算
  • 資金繰りを改善するための逆算

など、カテゴリごとに分類して、正しく逆算できるよう、リードいたします。

これにより、スムーズかつ、漏れ無く対策することができるのです。

従来のPDCAは、"逆算"しないから実行できない…

「PDCAを取り入れてみたけど、売上はそこまで伸びなかった…」
こういった事例は、枚挙にいとまがありません。

なぜかと言うと、この「B(Back calculation):逆算」のステップが、省略されてしまっているからです。

分かりやすいように、具体例を出して解説します。

例えば、小売業で年商1億2000万円を目指しているとします。
その場合、Planの部分で、「年商1億2000万円だから、ひと月あたり1000万円の年商を目指そう」
と計画を立てますよね。

そして、そのまま次のDo(実行する)に移りますが、ここで問題が起きるわけです。

実際、物を売って、売上を上げるには、様々な要素が必要です。

  • 目標達成のためには、何を、単価いくらで、いくつ売ればいいのか?
  • 仕入先はどこにするのか?
  • その時に必要な人員数は?
  • どのような人材を採用するか?
  • その人員を賄うための人件費は?

など、いろいろな要素があり、それぞれ具体的にどうするか、考えなくてはいけません。

しかし、従来のPDCAでは、「B(Back calculation):逆算」のステップが省略されてしまっているので、こ
こまで落とし込んで考えません。

そのため、Do(実行する)の場面になった時、「具体的に何をすればいいの?」という状態になってしまう
のです。

私たちは、この「B(Back calculation):逆算」のステップを省略せず、徹底的に深掘りしていきます。
だからこそ、迷いなく実行することができ、着実に業績アップを目指せるのです。

D(Do):計画を実行する

逆算して、行動レベルまで落とし込んだら、あとはその計画を優先順位通りに実行していきます。

ここで重要なのが、「迷いなく行動する」ことです。

悩みながら行動してしまいますと、途中で必ず迷いが出てきてしまいます。

迷いが出てくると、

  • 「ほんとうにこれで大丈夫だろうか?」と不安になり、業務の質が落ちる
  • 不安になりながらの作業なので、行動スピードが遅くなる

など、様々なデメリットが生じてしまいます。

だからこそ、前のステップ(逆算)で、「何を、いつ、どの順番でやるのか?」を決めておく必要があるのです。
前もって決めておくことで、迷いも出ず、「悩まずに行動する」ことができるのです。

結果的に、着実な業績アップを目指せるわけです。

C(Check):実行した結果をチェックする

実行した結果は、必ずチェックしなければいけません。

多くの場合、このチェックを

  • そもそも、やっていない、
  • やっていたとしても、適当にやっている

ケースがほとんどです。

これでは、やってきた業務に、もし修正すべき点や不備などがあっても、気がつきませんし、改善することができません。

ずっと悪い状態のまま、業務を進めることになりますので、このステップは必ずやらなければなりません。

私たちは、定期的にお客様の会社にお伺いしていますが、それは領収書をチェックするためではありません。

このステップのCheckを一緒に行い、目標を達成していくサポートをするために、訪問しているのです。

そして、もし目標を達成できていないなら、「なぜ達成できなかったのか?」を検証し、次に必ず達成できるよう
に、行動計画を立てていきます。

分かりやすいように、例を挙げて解説します。
例えば、営業マンのスキル不足で、売上目標を達成できなかったとします。

この場合、「成績の良い営業マンと、悪い営業マンは、何が違うのか?」に着目します。
そして、「成績の良い営業マンは、何をしているのか?」を細かく分解していきます。

例えば、月に5件の新規顧客を獲得しなければいけない場合、成績の良い営業マンが、

  • 5件獲得するために、何件のアポを取っているのか?
  • どんな手段を用いて、アポを取っているのか?テレアポか?異業種交流会などに参加しているのか?
  • セールストークは、どうなっているのか?何を、どの順番で話しているのか?
  • サービス内容の理解度は、どのくらいあるのか?

などを、確認していきます。

そして、成績の悪い営業マンの行動と比較していくと、いろいろな違いが出てきます。
その違いを見出し、改善点を炙り出していくことで、デキない営業マンをデキる営業マンに変えていくことができるのです。

このように、この「C(Check):実行した結果をチェックする」のステップを徹底することで、実行した結果をや
りっぱなしにせず、着実に改善し、業績アップを目指せるのです。

A(Action):チェック結果を元に、再度行動を起こす

チェックして、行動レベルにまで落とし込んだら、その計画を再度実行していきます。

あとは、このサイクルを回していくだけです。

上記のように、やることは非常にシンプルです。
目標を決めて、そこから逆算して行動計画を立て、実行し、チェックし、また実行する。

非常にシンプルですが、効果はバツグンです。
実際、当事務所が顧問をするお客様の80%以上が、この理論で業績アップのために行動を起こし、会社を大きくしようしています。

シンプルだからこそ、どういった業種の会社にも取り入れることができ、着実に業績アップを目指せるのです。

何事もそうですが、真理は得てしてシンプルなものです。

私たちは、お客様がこのPBDCAのサイクルを回せるように、計画をたてる段階から二人三脚で取り組み、業績アップをサポートしているのです。

それでは、当事務所のサポートの特徴をまとめます。

当事務所の6つの特徴

特長1実績150社以上、継続率99%
高いお客様満足度が私たちの誇りです。
※平成28年4月時点

当事務所では、これまで150社以上の法人顧問実績があります。

業種も

  • ITソリューション
  • システム開発
  • 接骨院
  • 訪問介護
  • 通所介護
  • 美容室
  • 衣料品店
  • 建設業
  • 製造業
  • 運送業

など、多岐に渡ります。

そのため、お客様の業種に合わせた的確なサポートが可能です。
机上の空論ではなく、実際に現場で得た経験をもとにしたサポートですので、実践的で、効果的なものになっています。

そのため、お客様にもご満足頂いており、顧問契約の継続率も99%となっています。

税理士業界の継続率の平均は、70~80%と言われておりますので、高い満足度を保てていることがお分かり頂けるかと思います。

業績をアップさせたい経営者の方はもちろん、今の税理士に不満を持っている方、新規設立で税理士を探している方も、お気軽にご相談ください。

特長2試算表・決算書・申告書の作成など、手続き業務もお任せください。

試算表・決算書・申告書の作成といった手続き業務は、当事務所にお任せください。

こういった「売上に直結しない作業」を税理士にお任せ頂くことで、より本業に集中できるようになります。

人間には、1日24時間、年間365日の時間しか与えられていません。

限られた時間の中で成果を出していくためには、より成果に直結する部分に集中し、それ以外をアウトソースしていくことが必要不可欠になってきます。

御社が業績アップに集中できるよう、面倒な手続き業務は、ぜひ当事務所にお任せください。

特長3タカイ式PBDCAで、二人三脚で年商1億円突破をサポート。

当事務所では、ご契約いただいた会社の業績アップを第一の目標とし、PBDCA理論でサポートを行っております。

多くの会計事務所では、記帳代行・税務監査・申告書作成を主サービスとしていますが、私たちのサービスはそれだけでは終わりません。

その業務に加えて、上述したPBDCA理論を用いたサポート を行っており、売上を上げるためのサポートをさせて頂いています。

また、会社の経営者というのは、孤独なものです。
特に会社の経営、売上アップに関することは、なかなか相談する相手もなく、独りで悩まれている方も少なくありません。

手続き業務、記帳業務しか行わない税理士ですと、こういった相談はできませんが、当事務所では、このような相談にも乗らせて頂きます。

これにより、孤独な経営者 の不安が取り除け、業務に集中することができるのです。

特長4独自開発システムで経営計画を作成。1年前に納税予測もできる!

当事務所では、自社開発したシステムで、経営計画の作成段階からサポートしております。

以下に、サンプルをご紹介します。

このシステムを用いることで、決算書やキャッシュフローを、ワンペーパーで確認することができます。
携帯電話からでも見ることができ、操作方法も簡単です。
これにより、お金の動きがハッキリ分かるため、計画的に業績アップを目指せるのです。

また、このシステムを用いることで、1年前から納税予測ができます。
そのため、節税対策も、計画的に行えます

「支払い期限ギリギリになって、いきなり多額の税金を払わなければならない」などということはありませんので、ご安心ください。

特長5定期的に会社訪問し、計画の進捗を一緒にチェック。業績アップをサポートします。

「計画を立てたけど、いつの間に"絵に描いた餅"になってしまった…」
定期的にチェックしないと、こういった事態になりかねません。

こういったことを未然に防ぐため、当事務所では、お客様の会社を定期的に訪問し、経営計画の進捗具合を一緒にチェックいたします。

定期的なチェックをすることで、業務の改善点が見つかり、業績アップが可能になります。

私たちがお伺いするのは、領収書をチェックするためではありません。
御社を一緒に成長させるために、定期的にお伺いするのです。

もちろん、ただ報告を聞くだけではありません。
150社以上の法人顧問実績をもとに、御社の状況に合わせた具体的なアドバイスをさせて頂きます。

特長6銀行融資にも対応可能。銀行との交渉もお任せください。

「融資を申し込んだか、断られてしまった」
「お金を借りたいが、初めてなので、どうすればいいか分からない」

など、融資でお困りの場合も、当事務所で対応可能です。

当事務所では、御社が融資を受けられるよう最大限サポートいたします。

一般的に、税理士が融資のお手伝いする場合、事業計画書や資金繰り表の作成など、書類作成業務だけになりがちです。

しかし、いくら良い事業計画書・資金繰り表があったとしても、銀行と上手に交渉できなければ、融資は受けられないのです。

そのため、当事務所では、先に私たちから銀行に直接連絡を取り、事前に交渉までしてから、お客様の元にお話を持っていきます

つまり、当事務所を通して、融資を受ける場合、

  • 様々な銀行に連絡しなくて済む
  • 難しい交渉も、当事務所がサポート
  • 前もって、融資の可能性の高い銀行に交渉するので、融資を受けやすい
  • 手間や時間も節約でき、業務に集中できる

というメリットがあるわけです。

融資・資金繰りなどでお困りの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

業績アップのポイントが分かる。
向こう1年の具体的な改善策をご提案。
まずは、無料相談にお越しください。

「年商1億円を突破したい!」
「会社を立ち上げたばかりで、早く経営を安定させたい」
「今の税理士は、具体的なアドバイスを何もくれない」

など、業績アップのことでお悩みでしたら、まずは無料相談をご利用下さい。

無料相談では、「業績を上げるために、具体的に何をすればよいのか?」を知ることができます。

この無料相談で、まずヒアリングをさせて頂き

などを詳しく聞かせて頂きます。

そのデータをもとに、

を、これまでに私たちがサポートしてきた事例も交えながら、お話させて頂きます。

(もちろん、決算書作成などの手続き業務の内容についても説明させていただきますので、ご安心下さい)

期間ごとに、具体的にやるべきことがわかるので、この無料相談を受けて頂くだけでも、会社がこれから進むべき道がイメージできます。

つまり、「何をすれば、年商1億円を突破できるのか?」の地図が手に入る、ようなものです。

もちろん、ご不明点やご相談などあれば、この無料相談の際にお気軽にご相談ください。

無料相談は、原則、当事務所までお越し頂きます。
出張の場合には、場所により、別途交通費を頂ければ、無料相談にお伺いできます。

また、前もってご予約頂ければ、時間外(平日の早朝や夜間、土日祝日)の無料相談も可能です。

お客様の声をご覧下さい

このお写真は、弊社に寄せられたお客様の喜びの声の一部です。

その中から、代表的なものを以下にご紹介します。

瀕死状態だった時、金融機関の融資を取り付けてもらい、倒産を免れました。

会社名 有限会社オオタコーポレーション
名前 太田 勇二様

1.ご依頼前、どのようなことに悩んでいましたか?

開業して3年間で、毎年右肩上がりの成長をし、4年目に2店舗目をオープンさせましたが、売上が思ったように上がりませんでした。

また、2店舗目オープンで人員増加と設備投資したことにより、資金繰りが悪化していましたが、まわりに相談できる人間がいなくて、ずっと1人で悩んでいました。

2.当事務所に相談しよう、と思ったキッカケは何でしたか?

自分が信頼している社会保険労務士の先生に高井先生のことを教えてもらいました。

経営のアドバイスもできる税理士と伺い、すぐに相談に乗っていただきました。
会ってみて、まさしくこちらが求めていた人だと確信し、依頼をしました。

3.依頼してみて、良かったことは何ですか?

何といっても一番よかったのは、経営に関しての事全般を毎月相談でき、アドバイスもしていただけることです。

また、瀕死状態だった時、金融機関の融資を取り付けてもらい再生できたことも感謝しています。

あのまま、高井さんに会っていなかったら、間違いなく倒産していたと思いますので、本当に助かりました。

あと、他分野の信頼できる方々を紹介してもらい、人脈が広がったことも、仕事をする上で、良かったです。

お客の立場で、親身になって対応してくれました。

会社名 Resora 株式会社
名前 岩田知幸様

1.ご依頼前、どのようなことに悩んでいましたか?

経理担当の人間がおらず、また私自身も詳しくないため、税務上の手続きなどができる人がほしいと思っていました。

また、財政的にも決して安定している状況ではなかったので、将来への不安もあり、資金繰りについても悩んでいました。

2.当事務所に相談しよう、と思ったキッカケは何でしたか?

友人にこのことを相談したところ、「よい税理士さんがいるよ」と紹介されたのが、タカイ会計でした。

とても信頼できる友人の紹介だったので、早速相談に乗ってもらうことにしましたが、実際に友人の言う通り、とてもよい会計事務所でした。

3.依頼してみて、良かったことは何ですか?

親身になってサポートしてくれる方で、本当に私の立場で取り組んでいただけたことです。

ただ単に資金繰り、税務上の手続きをしてくれるのではなく、私の意見、気持ちなどをちゃんと汲み取って対応していただけて、本当にタカイ会計に依頼してよかったです。

タカイ会計のおかげで、数字にも強くなり、財政難に陥ることを防げました。

会社名 chum hair design
名前 川口大輔様

1.ご依頼前、どのようなことに悩んでいましたか?

新規にお店を出すことになったのですが、どういった手続きや申告をすればいいのかが、よくわかっていませんでした。

また、やることも多く、会計や経理のことまで手が回らない状態で、早く解決したいと思っていました。

2.当事務所に相談しよう、と思ったキッカケは何でしたか?

上述の悩みがあったため、日頃から頼りにしている先輩にそのことを相談したところ、「税理士法人 タカイ会計」のことを教えてもらいました。

早速、相談に乗ってもらったのですが、最初に会ったときから「いい人そうだ」と感じしました。

実際、きちんと相談に乗ってくれて、この会計事務所にお任せすれば大丈夫そうだと思い、依頼させていただきました。

3.依頼してみて、良かったことは何ですか?

もともと数字に強くなく、あまり売上・利益・費用などの数字には向き合ってきませんでしたが、タカイ会計のおかげで、ちゃんと見れるようになりました。
おかげで経営のことも、ある程度分かるようになりました。

何も知らないままだったら、希望ばかり先行してかなりの財政難になっていたと思います。

また、私だけでなく、妻に対しても、いろいろ相談に乗ってくれて、具体的にどう店を盛り立てていいかアドバイスをしてくれました。

おかげで、妻もやる気を出してくれ、夫婦揃って1つの目標に向かうことができています。

立ち上げから1年後のシミュレーションが明確で、迷わず目標に向かって進めました。

会社名 株式会社 ケアサポートはらから
名前 落合崇博様

1.ご依頼前、どのようなことに悩んでいましたか?

脱サラして、福祉関係の事業を立ち上げることにしたのですが、何から始めていけばいいのか、さっぱりわかりませんでした。

何を悩めばいいのかも分からない状態で、本当に何をするべきか困っていました。

2.当事務所に相談しよう、と思ったキッカケは何でしたか?

会社を立ち上げた際、サポートしてくれた司法書士の先生にタカイ会計のことを教えてもらいました。

若くて親切でいい税理士事務所とのことでしたので、そのまま相談に乗ってもらうことにしました。

相談の際も親身になってくれて、信頼する司法書士の先生からの紹介だったので、正式に依頼もさせていただきました。

3.依頼してみて、良かったことは何ですか?

立ち上げから1年後のシミュレーション(収支、支出)を明確に教えて頂けたので、そのシミュレーションのおかげで目標に向いやすかったです。

確定申告などの事務処理も確実に行っていただけますし、毎月1回の打ち合わせを実施して頂ける事も助かっています。

打ち合わせの際も、親切・丁寧に対応していただけて、低いレベルにも合わせて話をしてくれるので、本当にタカイ会計でよかったと思います。

料金・サービス内容

書類作成・記帳代行など、手続き業務だけしている税理士事務所の中には、当事務所よりも、もっと料金が安いところもあります。

金額だけを見ましたら、正直、当事務所の料金は決して安くはありません。
しかし、それは、手続き業務だけやるのではなく、お客様の業績アップにコミットしているからです。

実際、当事務所がサポートしているお客様は、

など、売上を大きく伸ばしていらっしゃいます。

私たちとしても、ぜひ御社をサポートさせて頂き、二人三脚で業績アップを目指していきたいと考えております。

上記のようなお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度当事務所のサービスをご利用下さい。

当事務所のサービスには、

といった、内容が含まれています。

つまり、あなたは、このサービスをご依頼頂くことで、財務・税務関係の面倒な書類作成作業から解放されることは
もちろん、年商1億円を突破するためのサポートが受けられる
ということです。

売上高 料金区分 毎月ミーティング 四半期ミーティング
3000万円未満
月額顧問料 30,000円 20,000円
決算・申告料 150,000円 150,000円
消費税申告料 30,000円 30,000円
合計 540,000円 420,000円
1億円未満 月額顧問料 40,000円 30,000円
決算・申告料 200,000円 200,000円
消費税申告料 40,000円 40,000円
合計 720,000円 600,000円

※「毎月ミーティング」は打ち合わせを毎月、「四半期ミーティング」は打ち合わせを3ヶ月ごとに行います。
※上記金額は、消費税抜きの金額となります。

詳しい料金表はこちら

ご依頼の流れ

(1) お問合せ

まずは、メールかお電話でお問い合わせ下さい。
無料相談の日程を調整いたします。

名古屋オフィス:052-583-8433
三重オフィス:059-383-3355

【受付時間】9時~17時(月~金) 【定休日】土日祝日

(2) 無料相談

無料相談では、御社の状況について、詳しいヒアリングをさせて頂きます。

そのデータをもとに、業績アップのため、向こう1年やるべきことを具体的にお伝えいたします。
(もちろん、決算書作成などの手続き業務の内容についても説明させていただきますので、ご安心下さい)

期間ごとに、具体的に何をすればいいのかが分かりますので、業績アップのための地図が手に入るようなものです。

無料相談は原則、当事務所にご来所して頂きますが、別途交通費を頂ければ、場所により、出張での無料相談も可能です。

営業時間 平日9:00~17:00
休業日 土日、祝日

※前もってご連絡頂ければ、営業時間外での対応も可能です。

(3) ご契約

無料相談の際に、各サービス内容と料金についても説明をいたします。
ご納得頂けましたら、ご契約下さい。

もちろん、サービスにご納得頂かなければ、ご契約頂かなくて構いません。
無料相談まではお金がかかりませんので、安心して、ご相談下さい。

(4) 顧問契約スタート

契約が完了しましたら、顧問契約のスタートとなります。

決算書作成などの手続き業務はもちろん、業績アップのためのサポートもさせて頂きます。

まず最初に、経営計画(売上目標)を決めていきます。
そして、そこから逆算して、やるべきことを落とし込み、毎月訪問させていただいて、一緒にチェックし、改善していきます。

御社を一緒に成長させるパートナーとして、尽力させていただければ幸いです。

事務所概要

事務所名 税理士法人タカイ会計
所在地 【名古屋オフィス】愛知県名古屋市中村区名駅3-21-4名銀駅前ビル4F
【三重オフィス】三重県鈴鹿市須賀1-20-15
代表者 高井 興

電話番号
【名古屋オフィス】052-583-8433
【三重オフィス】059-383-3355
対応地域 愛知県、三重県、岐阜県
所属会 東海税理士会 名古屋税理士会 所属
登録番号 東海税理士会鈴鹿支部第1226号/名古屋税理士会中村支部第1226-1号

事務所地図・アクセス

名古屋オフィス

【電車でのアクセス】
名古屋駅より徒歩7分・
国際センター駅から徒歩30秒

【お車でのアクセス】
お近くのタイムパーキングをご利用ください
・大東海ビル地下駐車場
  名古屋市中村区名駅三丁目22-8
  [料金 30分あたり260円]
・名鉄協商パーキング(名駅)
  愛知県名古屋市中村区名駅4-17
  [料金 30分あたり200円]

三重オフィス

【電車でのアクセス】
JR鈴鹿駅より徒歩10分
近鉄鈴鹿市駅より徒歩10分

【お車でのアクセス】
事務所併設の駐車場をご利用ください

よくあるご質問

スタッフ紹介

代表 税理士 高井興

お客様の未来を共に考え、計画を立て、PBDCAサイクルを回した結果、成果が実感できた時に、この仕事のやりがいを感じます。

「タカイ会計を選んでよかった!」と言っていただけるよう、精一杯サポートします。

経歴 1997年 株式会社コーエー入社
1999年 コナミ株式会社入社
2001年 山口会計事務所入社
2006年 税理士法人タカイ会計を設立
保有している資格 税理士(東海税理士会鈴鹿支部 登録番号106382)

副代表 税理士 高井友紀

どんな細かい処理もしっかりチェックしますので、チェック番長の異名も持っています。
丁寧な仕事で、お客様の悩みに寄り添い、一緒に道筋を見つけていけるよう頑張ります。

経歴 1998年浅野会計事務所(現しんせい綜合税理士法人)入社
2006年税理士法人タカイ会計を設立
保有している
資格
税理士(名古屋税理士会中村支部 登録番号106387)

マネージャー 境優子

「境さんにアドバイスしてもらって良かった」と言われるようがんばって参りますので、
業績アップの悩みはもちろん、ほんの些細な悩みでもお気軽にご相談下さい。

経歴 2000年 山口会計事務所 入社
2006年 税理士法人タカイ会計 入社
保有している
資格
税理士
(名古屋税理士会中村支部 登録番号106890)

コンサルタント 田邊さつき

リラクゼーションサロンに勤務していたこともある、ちょっと珍しい経営コンサルタントです。
リラクゼーション同様、お客様の悩みも癒せるよう精一杯サポートいたします。

経歴 2003年 フットセラピーオリエンタル有限会社 入社
2006年 株式会社アールアンドエイインターナショナル 入社
2008年 株式会社エー・オー・シー 入社
2009年 税理士法人タカイ会計 入社
保有している
資格
日商簿記2級

コンサルタント 佐藤誠也

元気と笑顔が取り柄なので、お客様と接するときも元気と笑顔で対応させていただきます。
お客様からも最高の笑顔が頂けるよう、精一杯サポートいたします。

経歴 2007年 株式会社ウィゴーに入社
2010年 寿がきや食品株式会社に入社
2014年 税理士法人タカイ会計に入社
保有している
資格
食品衛生責任者
フォークリフト技能講習修了
職長等の教育修了
普通救命講習修了

コンサルタント 鈴木隆広

チャレンジ精神が旺盛で、どんなことにも積極的に取り組む性格です。

仕事の上でも、税務のことから経営のことまで、積極的にアドバイス・サポートをさせて頂きます。

経歴 2002年 サークルK東境店に入社
2012年 山下武司税理士事務所に入社
2016年 税理士法人タカイ会計に入社
保有している
資格
全経簿記上級
税理士科目合格(簿記論 財務諸表論)

審理担当・コンサルタント 新里洋基

難解な税務事案に取り組むことで、お客様のお役に立てた時にやりがいを感じます。
これからも、もっとお客様の夢を叶えられるよう頑張っていきたいと思っています。

経歴 2014年 税理士法人タカイ会計に入社
保有している
資格
全国経理教育協会簿記上級

推薦者の声

経営者とともに目標を設定し、達成するまで徹底的に分かりやすくサポートしてくれます。

事務所名 税理士法人 葵
名前 正村匡利様
業種 税理士

高井先生とは同じ時期から税理士資格取得を目指し、ご縁があって現在まで長いお付き合いをさせていただいております。

税理士の仕事は税法は勿論のこと、事業の発展・円滑な承継、経営者様個人の相談、人材投資についてなど相談内容は多岐にわたります。

その中でも、高井先生は開業当初から最も経営者様の関心が高い財務コンサルタントに力を入れていらっしゃいます。

財務コンサルタントといっても単なる試算表の作成、難解な事業計画の作成などではありません。

経営者様とともに設定した目標を達成するために何が必要か、目標を達成する過程をいかに見えやすくするのかを徹底することで長期的に経営者様が安心して経営をしていただける良きパートナーとなっておられます。

また、お互いの会社の垣根を超えてお付き合いさせていただいておりますが、スタッフの皆様も親身で真剣に仕事に向き合っておられ、タカイ会計様の方針も良く理解されていらっしゃいます。

会社全体として経営者様から信頼のおけるパートナーになることの必要性をいつも強く感じさせられます。

私にとっても高井先生をはじめとしてタカイ会計様とはお互いに相乗効果を生み出し、高めあえるようなお付き合いをしたくなるパートナーです。

将来の事業発展をお考えで信頼できるパートナーをお探しの方はタカイ会計様に相談されることをお勧めいたします。

今後の益々のご活躍を心から願っております。

多角的なアドバイスができる、高い技術と温かいハートを併せ持った先生です。

事務所名 きさらぎ司法書士事務所
名前 竹内亮介様
業種 司法書士

高井先生とは大学時代からのご縁で、当時はお互い士業になるとは夢にも思わず、高井先生が私の1年上の先輩としてお付き合いを頂いていましたが、お互い転職を経て高井先生が税理士、私が司法書士というかたちで当時とはちがったかたちでビジネスの面でもお付き合いをさせていただき、ありがたく思っています。

高井先生は、とてもクリエイティブな思考をされる方だなあ、というのが出会ったときの印象で、20年以上経った今もその印象は変わりません。

税務に関する相談をしばしばさせて頂きますが、持ち前の気さくさもあって、気軽に相談できることに加えて、ご回答が非常に多角的で、「Aの方法をとるとこういうメリットがある一方、Bという方法をとるとこういうメリットがある。

想定されるリスクとしては~」というように、とても説明もクリアで分かりやすいです。

また、高井先生ご自身のお人柄と、企業経験もお持ちということもあってか、お客様の立場にたって、より親身にご相談にのっていただけます。

高い技術と温かいハートを併せもったいい先生に出会えたことに感謝し、高井先生の今後の益々のご活躍を心から願っております。

追伸:年商1億円を超えたい会社様へ

会社経営の最大のポイントは、目標を立て、逆算し、着実に進んでいくことです。
その場しのぎの無計画な経営で、会社を成長させられるわけはないのです。

ソニー、パナソニック、ホンダなど、日本を代表するような大企業も、昔は小規模零細企業でした。

しかし、しっかりビジョンを持って、経営をしていったからこそ、あのようなグローバル企業になっていったのです。

ソニーのような大企業を目指している企業は、正直少ないかもしれません。

しかし、ここで言いたいのは、「どんな会社であっても、その会社がなりたい将来を計画に落とし込み、逆算して、実行し、改善を繰り返すことが大事である」ということです。

つまり、経営計画を立案して会社経営を行っていくことは、大企業だけに必要なわけではなく、すべての企業にとって必要な物なのです。

計画に基づいて、逆算していくことで、今やるべきことをしっかり認識し、さまざまな問題をクリアしていけるようになります。

御社が、次のステージへステップアップしていくサポートをさせて頂けたとしたら、これに代わる幸せはありません御社からのご連絡を、心からお待ちしております。

「決算書作成などの手続き業務だけでなく、
 業績UPのアドバイスもほしい」
「年商1億円を突破したい」
「今の税理士は、何のアドバイスもしてくれない」
 その他、税理士のことでお悩みの方

まずはお気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に、分かりやすく対応いたします。

PAGETOP