ブログ

事業計画書の書き方を詳しく解説!起業を成功に導くコツとポイントとは?

f186c5d4393629504b874fcbfc8de43d_m

起業をしたら、銀行などから資金調達することが必要になりますが、借り入れをしたり投資を募ったりするためには事業計画書を提出しなければなりません。このとき、銀行や投資家は事業計画書を見て融資や投資が妥当かどうか判断するので、印象を良くするためには、事業計画書の書き方に注意が必要です。

そこで今回は、起業を成功に導くための事業計画書の書き方をご説明します。

 

1.事業計画書とは

事業計画書とは、銀行や公庫などの金融機関による融資を受けたり、投資家から資金の投入を受けたりする際に相手に提出して融資や投資の判断をしてもらうための書類です。

起業当初はいろいろとお金がかかりますが、そのためには資金集めが重要です。そこで、説得力のある事業計画書を作成すれば、金融機関や投資家に納得してもらって効果的に資金集めをすることができます。

また、事業計画書を作成すると、外部的なアピールだけではなく自分でも事業内容を確認できます。これから立ち上げる事業に本当に価値があるのか、将来性があるのかなどについて、自分でも改めて検討する契機になるのです。

このように、事業計画書にはいろいろな目的や意味があるので、まずは押さえておきましょう。

2.事業計画書作成のポイント

7fbd4015a294ea72a14746eb5371563e_m

次に、事業計画書を作成する場合のポイントをご紹介します。

事業計画書を作成する際には、以下の3つの点に注意すると良いです。

  • 事業を簡潔に説明出来る内容になっていること
  • 事業の実行計画が明確になっていること
  • しっかりと情報収集をしてテストを実施していること

それぞれについて見てみましょう。

(1)事業を簡潔に説明出来る

事業計画書を作成する場合、相手にわかりやすく簡潔に事業内容を説明出来る内容になっていることが大切です。

事業を立ち上げることとなった経緯や儲けのしくみ、サービスの概要などをわかりやすくまとめますが、それぞれに要約を設けて、サマリーだけを読めば大体内容がわかるようにしておくと、早めに理解してもらうことができます。

(2)実行すべき計画が明確になっている

事業計画では、実行すべき計画が明確になっていることが大切です。

いかに計画内容が優れていても、抽象的な内容に過ぎる場合などには実現性がないと思われてしまいます。具体的に実行すべき計画が明確になっていて、実現性のある内容を書くよう意識しましょう。

「いま何をすべきなのか」という問いに答えられている計画を書くことが大切です。

(3)しっかり情報収集及びテストを実施している

事業計画書を作成する場合、理屈も必要ですが実際の情報収集とテストが大切です。

たとえば、予想される売上額などについて、しっかりと事前に市場規模やライバル企業などの情報収集をして、商品やサービスについてのテストを実施しておくと、実情に沿った内容の計画書を作成することができて説得力を持たせることができます。

3.事業計画書の書き方

以下では、具体的な事業計画書の書き方のモデルをご紹介します。

  • 事業概要

事業計画書では、まずは主要な事業概要を記載します。事業計画書を提出すると、まずはこの概要部分に目を通してから読まれることになるので、概要部分の内容や印象はとても重要です。

  • 会社概要

次に、会社概要を記載します。ここには、起業する会社の経営方針や、今後何を実現していくのかについて伝えなければなりません。

会社概要を見たときに、銀行や投資家などから見込みのある会社だという印象を持ってもらえる内容にすることが大切です。創立者や出資者、現在の経営状況や業種や今後の成長可能性などを記載しましょう。

  • 取扱製品やサービス

会社が取り扱う製品やサービスについて説明する項目です。ここで重要なのは、消費者のニーズや利益の視点を持つことです。実際には、製品・サービスの価格や消費者へ提供する方策など、経営側の視点に陥らないよう、注意しましょう。

  • 市場の概況と自社の立ち位置

市場の概況と自社の市場内での立ち位置などについての説明をします。

事前に市場規模や消費者のニーズ、需要のある場所などについて情報収集をして把握して、同業他社への対策方法なども考えて記載しましょう。

  • 実行方法と将来性

今後、自社がその市場や業界内でどのような事業展開をしていくのかというビジネスモデルと実行方法を記載します。

まず、どのようにして事業を成長させていくのか、それによってどうして成長できるのかという理由を説明します。そして、顧客へのアプローチ方法や研究開発方法などについても概要をわかりやすく記載しましょう。

計画実行に必要な予算も試算して書き込む必要があります。

その事業にいかに将来性があるのか、説得的に記載することが大切です。

  • 収益性

売上げと経費を明らかにして、どのくらい利益が出るものか、収益性をしっかり示すことが大切です。

今回の記事を参考にして、上手に事業計画書を作成して企業経営に生かしましょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

「決算書作成などの手続き業務だけでなく、
 業績UPのアドバイスもほしい」
「年商1億円を突破したい」
「今の税理士は、何のアドバイスもしてくれない」
 その他、税理士のことでお悩みの方

まずはお気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に、分かりやすく対応いたします。

PAGETOP