ブログ

資金繰りや資金計画とは何か?会社経営に不可欠なお金の流れを学ぼう

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_m

会社が健全に活動していくためには、資金繰りが重要です。資金繰りは起業の命であり、うまくいかないと、人間の血液が循環しなくなるのと同じように経営が行き詰まってしまいます。

資金繰りを上手にすすめるためには、適切な内容の資金計画を立てることが役立ちます。

そこで今回は、会社の生命線とも言える資金繰りと、それを適切に行うための資金計画の方法についてご説明します。

1.資金繰り、資金計画とは

会社にとって、資金繰りは極めて重要な生命線です。

資金繰りとは、会社が支払いをしたり手形を決済したりするためのお金を確保することです。資金が不足すると、会社は健全に活動を続けることができません。たとえば店舗経営を行う際に、資金が不足すると、支払ができなくなって不渡り処分となり、銀行取引を停止されることもあります。

このようなことのないよう、適切に資金繰りをしていく必要がありますが、ここで役立つのが資金計画です。

資金計画とは、資金繰りを計画することですが、適切な資金計画をすることによって、資金繰りが苦しくなったり不払いが起こったりすることを避けられるようになります。

資金繰りはどのような業種の会社や事業にとっても極めて重要であり、健全に活動を続けていくためには、資金繰りのために適切な資金計画を立てることが必要です。

2.会社の資金の流れ

資金計画を立てる前提として、会社の資金の流れをおおまかに把握しておきましょう。

(1)会社への資金流入

会社への資金流入ルートは、以下の2種類です。

  • 営業収入

企業の営業活動による資金流入です。たとえば、製品やサービスを販売した代金回収などがあります。

  • 財務収入

営業活動とは直接関係しない資金流入です。たとえば、金融機関からの借入や株式の発行などがあります。

(2)会社からの資金流出

次に、会社からの資金流出ルートを見てみましょう。これは、上述の資金流入ルートと裏表の関係になっています。

  • 営業支出

会社の営業活動による資金流出です。たとえば、製品やサービスの購入代金の支払いなどがあります。

  • 財務支出

営業活動とは無関係な資金流出です。たとえば、借入金の返済や配当金の支払いなどがこれにあたります。

財務収支は、比較的経営者がコントロールしやすいですが、営業収支については掛け売りや手形取引をしている場合などもあり、コントロールが比較的難しいです。

ここで、資金計画をまとめた資金繰り表を作成すると、資金を正確に把握できるようになって資金管理に役立ちます。

3.資金繰りに失敗する企業の特徴

67c7774099088531a074c527091fd764_m

資金繰り表の重要性を認識するため、資金繰りに失敗する企業にはどのような特徴があるのかもご紹介します。

  • 試算表を作成していなかったり、3ヶ月以上作成が遅れたりしている
  • そもそも資金計画を立てていない
  • 資金繰り表があっても適切に管理していない
  • 決算書や試算表、資金繰り表などの読み方を理解していない
  • 決算書や試算表、資金繰り表の意味を理解していない

これを見るとわかることですが、資金繰り表を作っていなかったり適切に管理出来ていなかったりすると、資金繰りに失敗することが多くなります。

逆に、これらのことをしっかり行っていれば資金繰りに困ることはありません。

そして、資金計画を立てるときには、半年から1年先までの見通しを立てて、計画と実績を比較することが重要です。

4.資金繰り表の作り方

7ed3e8a9415a6666ad321049c60df19c_m

具体的な資金繰り表の作成方法をご紹介します。

資金繰り表は、企業の一定期間における資金の流れを把握すべきもので、資金繰り実績表と資金繰り計画表の2つの部分から成り立ちます。

(1)資金繰り実績表と資金繰り予定表

資金繰り実績表には、企業における今までの資金繰りの結果を示し、資金繰り計画表には企業における今後の資金繰りの計画を書きます。

資金繰り表を作成する場合、まずは資金繰り実績表を作成して、その内容を参考にしながら資金繰り計画表を作成することになります。

資金繰り実績表を記載するときには、本来の計画と実績にどのような違いが出ているのかや、どうしてそのような違いが出たのかについて分析・検討することが重要です。

(2)資金繰り表の要式

資金繰り表はもともと会社の内部的な資料であるため、特に定まった要式はありません。

ただ、実際には銀行等の金融機関に対し、事業計画の進捗報告をしたり、新規借入の申込みをしたりするときに資金繰り表を提出することが多いです。

実際、銀行は融資先の企業の資金繰りに強い関心を持っているので、資金繰り表を提出する企業を評価しますし、その内容をもって融資の判断をすることもよくあります。

そこで、資金繰り表を作成する場合は、一般的によく利用されている「6分法」の方式で作ると良いです。

3月決算の企業の場合には、2月までには次年度の資金繰り計画表を作成しておくようにしましょう。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

「決算書作成などの手続き業務だけでなく、
 業績UPのアドバイスもほしい」
「年商1億円を突破したい」
「今の税理士は、何のアドバイスもしてくれない」
 その他、税理士のことでお悩みの方

まずはお気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に、分かりやすく対応いたします。

PAGETOP