ブログ

税務調査で、経費が否認されるパターンとリスクを解説

018434aa464621668920a7ea591e5d13_m

税務調査が入ったとき、経費として申告していたものが否認されてしまうことがありますが、そうなると、具体的にどのようなリスクがあるのでしょうか?また、経費として否認されるパターンにはどのようなものが多いのかも知っておくと、備えをすることができます。

そこで今回は、税務調査で経費が否認されるパターンとそのリスクについて、解説します。

 

1.経費として否認されるもの

税務調査において、経費として否認される場合にはどのようなパターンがあるのでしょうか?

当然のことですが、経費として落とせないものを経費に計上していると否認されますので、まずは経費にできるものとできないものについての知識を押さえておきましょう。

まず、支払保険料や借金の利子や利息、賃借料などは原則的に経費にはなりませんが、業務用の資産を購入する際の借入金など、業務に関連する借入金の利息は、経費に算入することができます。事業用の資産を取り壊す際の費用や修繕費についても、原則的に必要経費になります。

次に、同一家計の親族に支払う地代や家賃、給料は経費になりません。

所得税や住民税などの税金は経費になりませんし、罰金や科料などについても経費にはなりませんが、事業税については経費算入されます。

固定資産税については、業務用の資産の部分のみが経費算入され、それ以外のものについては経費算入されません。

さらに、経費が否認されるパターンで多いのは、役員の交際費です。本来、役員自身が個人的に支払うべきお金を会社が負担している場合に、経費として否認されます。

 

2.否認された場合の処理方法は?

税務調査で経費の否認をされると、その費用はどのように処理されるのかが問題ですが、一般的に「役員への賞与」という形で処理されることが多いです。

役員への臨時賞与については、一般の従業員への賞与とは異なり、経費や損金にはなりません。

ただし、経費が否認された事情などによっては、賞与としてではなく、役員への貸付金として処理されることもあります。

役員賞与として認定されると追徴課税などのリスクがありますが、貸付金として処理された場合にはそのような追徴課税はありません。

なお、貸付金として認定されたら、その後、返済計画を作り、実際に計画に従って返済をして、きちんと利息の計算をして調査法人に対して支払う必要が発生します。

 

3.否認された場合のリスク

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_m

税務調査で経費が否認され、役員の賞与として認定された場合、具体的にどのようなリスクがあるのかをご説明します。

まず、この場合、税務署から問題のある企業であるとみなされるので、次の税務調査のタイミングが早まります。また、重加算税の対象になる可能性が高く、その履歴が税務署に残されることになります。

法人税の追徴課税が行われて、延滞税等の附帯税も発生します。

また、否認されて役員賞与として認定されると、源泉所得税が発生します。これに対しても、延滞税などの付加税がかかります。

さらに、役員個人においても所得税が発生しますし、経費に消費税がかかっていたケースでは、その消費税が認められないことになるので、消費税を支払わなければならない場合もあります。

以上のように、経費が否認されて役員賞与として認定されると、法人税をはじめとした各種の課税が発生するので、大きなリスクがあります。

 

4.否認されないようにする方法

それでは、税務調査で経費が否認されないためにはどうしたらよいのでしょうか?

まずは、日々の会社での会計処理を正確に適切に行うことです。

売上げの計上漏れを防ぎ、経費の概念を適切に把握して、必要以上に個人的なものを経費扱いしないようにすると、ずいぶん否認のリスクが減るはずです。

それでも万が一経費が否認された場合には、経費の否認に関する正確な知識を持って税務調査官と交渉することが考えられます。

税務署が経費を否認するためには、「役員が経済的な利益を得たことを立証するか、または推認させる事実を示すこと」が必要です。

つまり、経費を否認する際の立証責任は、税務署側に課されているので、税務調査の際に否認されそうなときには、上記の立証がないことを主張して話し合うことができます。このとき、役員賞与としてではなく、役員への貸付金扱いにしてもらうなどの交渉方法も可能です。

このように、税務調査の際に経費否認された場合、状況に応じて適切に行動する必要がありますが、経営者が自分で税務署と交渉することは通常困難です。そこで、信頼できる税理士に依頼して、税務調査に立ち会ってもらうようにすると安心できます。

税務調査に備えて、頼りになる税理士と日頃からつきあいをしておくことは大変メリットが大きいです。当事務所でも積極的に支援をしているので、是非とも一度、ご相談ください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

「決算書作成などの手続き業務だけでなく、
 業績UPのアドバイスもほしい」
「年商1億円を突破したい」
「今の税理士は、何のアドバイスもしてくれない」
 その他、税理士のことでお悩みの方

まずはお気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に、分かりやすく対応いたします。

PAGETOP