失敗しない税理士の選び方

  • 「今の税理士が、何のアドバイスもくれない…」
  • 「新しく会社を設立したので、税理士が必要」
  • 「利益が出てきたので、しっかり節税対策をしたい」

など、様々な理由で、税理士を探している方は多いと思います。

しかし、一口に税理士を探すと言っても、実はそれぞれの税理士に違いがあることをご存じでしょうか?

一見、「税理士は、決算書作成などの手続き業務を行うだけで、あまり違いがない」と思うかもしれませんが、実は税理士それぞれに大きな違いがあります。

これは、医者に例えると分かりやすいかと思います。

例えば、

  • 風邪を引いたのであれば内科
  • 捻挫したのであれば整形外科

など、あなたの症状に合わせて病院を選ぶと思います。

なぜかと言えば、それぞれの科によって、得意としている治療が異なるからですね。

そして、このことは、税理士を選ぶ時にも当てはまるのです。

税理士も、

  • 「相続が得意な税理士」
  • 「法人顧問が得意な税理士」

など、得意分野が分かれているのです。

そのため、あなたの目的に合わせて、最適な税理士を選ぶ必要があります。

それでは、税理士を選ぶときのポイントを紹介していきます

あなたに合う事務所を見つけるための、判断基準とは?

ポイントは3つあります。

(1)目的に合わせて選ぶ

まず第一のポイントは、あなたの目的に合わせて、税理士を選ぶということです。

あなたが税理士を選ぶ目的は何なのか?考えてみてください。

  • 決算書作成などの、手続き業務だけを、やってほしいのか?
  • 業績アップのサポートを、してほしいのか?
  • 定期的に訪問して、相談相手になってほしいのか?
  • 料金が安いことを、重視しているのか?

など、あなたの希望・目的を挙げてみて下さい。

そして、その目的に合致する税理士に絞って、比較検討することをお勧めします。

  • 「手続き業務だけをやってくれれば良いのなら、余計な付加サービスを行っていない手続き業務のみの税理士を選ぶ。」
  • 「売上を上げたいと思っているなら、業績アップのサポート・経営コンサルなどを得意としている税理士を選ぶ。」

というように、目的に合わせて税理士を選ぶことが大事です。

(2)顧問継続率が、70~80%以上かどうか?

次に大事なポイントとなるのが、顧問継続率です。

これまでの実績数も大事な指標ですが、それ以上に大事なのが顧問継続率です。

なぜかというと、実績数はサービスがよくなくても、広告宣伝がうまい事務所なら数字を伸ばせるからです。

極端な話、契約の際に都合のよいことだけ言って、申し込みを受ければ、サービスが悪くても、実績数にはなります。

しかし、顧問継続率は契約した後、その事務所のサービスに満足しなければ、継続してもらえず、数字は下がります。

つまり、顧問継続率の方が、本当の意味で、お客様がそのサービスを支持しているかわかる指標なのです。

お客様の満足度が高いということは、それだけサービスの質もよいということなので、顧問継続率はどのくらいあるのか、しっかり確認しておくべきです。

ちなみに、税理士業界の平均的な顧問継続率は、70~80%と言われていますので、この数字を一つの基準にして考えると良いでしょう。

(3)前もって、納税予測をしてくれるかどうか?

最後のポイントは、納税期限ギリギリではなく、前もって納税予測をしてくれるかどうかです。

なぜ、前もって納税額を予測することが大事かというと、余裕を持って節税対策することができるためです。

節税対策を取るにしても、納税期限ギリギリで始めるのと、前もって始めるのとでは、取れる対策の数も違いますし、効果も変わってきます。

当然、前もって対策を取っておいた方が、対策の数も豊富で、節税効果も高くなります。

つまり、納税予測ができないと、本来払う必要のない税金を余分に払うことにもなりかねないのです。

これでは、せっかく会社内で経費削減、コストカットを行っていても意味がありません。
ですので、会社の数字に強く、しっかり納税予測ができる税理士を選ぶことが重要になります。

早めに無料相談に行ってみることをお勧めします。

税理士に相談するというのは、健康診断のようなものです。

今は自覚症状がなくても、健康診断の結果、病気が見つかることもあります。
早期に発見できれば、治療期間も短く、治療費も安く済みます。
しかし、発見が遅れると、治療期間も延び、治療費も高額になってしまいがちです。

会社も同じです。
現状では、まったく問題がないように見えても、気付かないところで、会社の状態を悪化させる要因が潜んでいる、というケースもあるのです。

例えば、「売上は上がっているのに、利益が減っている」という会社も、少なくありません。

この場合、毎月の数字を細かく分析し、何が利益を圧迫しているのか?を突き止め、対策していく必要があります。

売上額だけ見ていると、こういった問題に気づかず、徐々に資金繰りが悪化していくことにもなりかねません。

そういった要因をいち早く見つけ、対策を取れるのが税理士なのです。

  • 現状のままだと、目標を達成できるのか?
  • このまま行くと資金がショートするなど、何かしらの問題を抱えていないか?

などなど、数字を元に、あなたの会社の健康状態を正確に診断してくれます。

何もしないで、問題が大きくなってからだと、治療にも時間とお金がかかります。
健康診断と同じく、早めの行動が吉なのです。

以上のポイントをチェックすることで、あなたに合う事務所を見つけることができるでしょう。

参考になれば幸いです。

「決算書作成などの手続き業務だけでなく、
 業績UPのアドバイスもほしい」
「年商1億円を突破したい」
「今の税理士は、何のアドバイスもしてくれない」
 その他、税理士のことでお悩みの方

まずはお気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に、分かりやすく対応いたします。

PAGETOP